趣味TECHオンライン | 趣味のモノづくりを応援するオンラインメディア

趣味のモノづくりを応援するオンラインメディア

小型レーザーカッター「beamo」のある暮らし


f:id:kawauso3110:20200913202619j:plain

小型ながら30Wの出力をほこるレーザーカッター「beamo」。環境整備の仕方や、気になった点などを中心に紹介します。

 

〈投稿者: 斎藤公輔(NEKOPLA)@kawausokawauso

組込みエンジニア。エアコンの配管や室外機を愛でながら、ときにはデジタルガジェットを制作したり、ライターとしてデイリーポータルZなどに寄稿したりする生活を送る。 

twitter.com

 家にレーザーカッターがある生活

メイカーにとっての三種の神器といえばなんでしょうか。個人的には、3Dプリンタ、レーザーカッター、CNCフライス盤じゃないかと思っています。このうち3Dプリンタはすでに普及フェーズに入っていますが、次に流行るのは間違いなくレーザーカッターですね。ここ数年、気軽に設置できるサイズの家庭用レーザーカッターがたくさんリリースされています。

 

f:id:kawauso3110:20200913202624j:plain

というわけで買ってしまいました、小型レーザーカッターの「beamo」!

 

 

まだネット上に情報が少なく、実機確認できる機会もなかったので買う前は不安でしたが、いまはたいへん満足しています。これがあれば家での工作が捗りまくりです。

 

使い方などは他のサイトを参考にしてもらうとして、ここでは私が行った環境整備についてと、使ってみて気になった点などを中心に紹介します。

小型で高出力のCO2レーザーカッター

f:id:kawauso3110:20200913202629j:plain

 

本体サイズは幅61.5cm、奥行き44.5cmと、レーザーカッターの中ではかなりの小型です。これなら家に置いても邪魔にならないな、というのが購入の決め手でした。

 

しかも30Wの高出力、レーザーの種類は「CO2レーザー」です。もっと小型で安価な機種もありますが、大抵は数Wの「ダイオードレーザー」です。大きな違いは、切断できる素材と厚み。特にダイオードレーザーの場合は透明アクリルの切断が不可ということで、候補からは外れました。

 

f:id:kawauso3110:20200913204123j:plain

これまで「アクリルフロッピーフィギュア」などを作ってきた身としては、透明アクリルの切断はマストでした。

flipflop.booth.pm

 

そんなbeamo、日本での販売価格は税別228,000円と、それなりの値段がします(このクラスにしては十分安いですが)。次に紹介するオプションなども入れると、30万円以上かかるのがネックです。私も個人で買うのは厳しかったので、TOKYO FLIP-FLOPの備品として共同購入しています。

 

でも家で気軽にレーザー加工できるのは、個人的には革新的でした。このレベルの加工が! 家で! すごい! 切断や彫刻も問題なく、使い方も簡単で非常に良い感じです。

一緒に準備したもの

家庭用とはいえ、危険を伴うのがレーザーカッター。本体を設置すれば何も考えずに使えるわけではなく、最低限「煙対策」「臭い対策」「安全対策」の3つが必要になります。そのために、本体の他にもいろいろと揃える必要がありました。

集塵機

f:id:kawauso3110:20200913202640j:plain

 

まずは煙対策。屋外に気兼ねなく排煙できる場合はいいですが、住宅街だとなかなか煙を出しづらいです。beamoにはオプションで集塵機が用意されてるので、迷わずそれを購入。こちらもネックになるのは価格(税別88,000円)ですね……。

 

f:id:kawauso3110:20200913202647j:plain

beamo本体の裏側にダクトを付けて、

  

f:id:kawauso3110:20200913202652j:plain

それを集塵機につなぎます。

 

排気口からは、クリーンになった空気が吹き出してきます。これを使えば、少なくとも目に見える煙はまったく発生していません。煙レスです。

 

注意したいのは、あくまで集塵機であって、消臭能力は低い点です。臭いは排気口から容赦なく吹き出してきますので、その対策は別途必要になります(後述)。

 

f:id:kawauso3110:20200913202657j:plain

USB端子も付いていて、本体の動作と連動して勝手に電源がONになります。最近のファームアップでようやく実装された機能で、これでかなり使い勝手がよくなりました。

脱臭機とサーキュレーター

次は臭い対策。レーザーカッターを使ったことがある方は分かると思いますが、MDFを切ると燻製みたいな臭いが、アクリルを切ると体に悪そうなケミカル臭がします。対策しないと部屋が終わってしまいます。

 

f:id:kawauso3110:20200913202702j:plain
online.nojima.co.jp

 

とりあえず脱臭効果が高いと評判の、富士通ゼネラルの脱臭機を設置しました。が、これで脱臭できるほど、やわな臭いではなかったです……。効果としては、あると気休めにはなるかな、くらいでした。

 

f:id:kawauso3110:20200913202708j:plain

 

やはり一番効くのは、窓を開けての換気ですね。窓際にサーキュレーターを置いて換気を促すことにしました(カーテンを閉めてるのは撮影の都合)。ここまでやると、だいたい15分後には臭いは消えています。換気は大事です。

 

 

保護メガネと消火器

最後は安全対策。レーザーから目を守るためには保護メガネが必須です。本体カバーはただの透明アクリルなので、動作中にレーザーを目視するのは危険です。説明書には「保護レベルOD5以上のグラスが必要」との記載があります。

 

私は大きめのメガネをかけているので、メガネonメガネができるリケン RS-80 Vを買いました。

 

f:id:kawauso3110:20200913202713j:plain

リケン レーザーメガネ RS-80 V RS80V

リケン レーザーメガネ RS-80 V RS80V

  • メディア: Tools & Hardware
 

 

火が出るおそれがありますので、消火器も必須です。いろんなタイプがありますが、使った後が汚くならない気体タイプを常備することにしました。

 

f:id:kawauso3110:20200913202717j:plain

store.shopping.yahoo.co.jp

オートフォーカスユニット

あってもなくてもいいものですが、メーカーのオプションで「オートフォーカスユニット」というのがあります。

 

通常レーザーカッターを動かす前には、加工する素材に合わせてヘッドの高さを調整する作業が必要です。それを自動でやってくれるのが、オートフォーカスユニットです。

 

f:id:kawauso3110:20200913202722j:plain

とはいっても全自動ではなく、ヘッドの横のボタンを二度押す必要があります。毎回1分弱の作業の手間が省ける、というくらいの効果ですので、正直あってもなくてもどっちでもいいかなと思います。

 

ちなみにですが、デフォルトのユニットからオートフォーカスユニットに付け替える作業が結構しんどかったです。手順書が非常に分かりづらく、あれこれ悩みながら取り付けるのに3時間くらい。そのあとレーザーの光路調整をやり直さないといけないのですが、その調整に半日以上かかりました。

 

特に光路調整が鬼門。説明書にやり方は書いてあるのですが、こちらも分かりづらさMAXで、内容を理解するのが大変でした。そのうえ間違った調整をすると、まったくレーザーが機能しない状態になりますので、何度も冷や汗をかく事態に。

 

この件に限らず、全体的に説明書が分かりづらく、日本語の怪しい箇所もあります。随時アップデートされているようなので、今後に期待です。

仕事猫の安全ポスター

f:id:kawauso3110:20200913202727j:plain

 

危険を伴う作業ですので、仕事猫(現場猫)の安全ポスターが必須です。仕事猫はいつも我々に大切なことを教えてくれます。

 

2020年9月現在、以下のサイトで購入可能です。

 

www.jisha.or.jp

 

気になった点

実際に使ってみて気になった点を挙げていきます。

動作音

この手のマシンで一番気になるのは、動作音のうるささかと思います。結論から言うと……かなりうるさいです。体感としては、風量MAXのドライヤーと掃除機を同時に動かしているくらいのブオーという音。一番うるさいのは本体の排気ファンです。

 

f:id:kawauso3110:20200913202732p:plain

いちおう定量的にも測ってみました。スマホアプリなので精度は謎ですが、72dB程度という結果で、室内の音としては「かなりうるさい」レベルです。壁の薄いアパートなどでは厳しいかもしれません。

 

これには集塵機の音も含まれています。集塵機は風量調整が可能で、MAXにするとこの世の終わりみたいな地獄音がしますので、私は1/3程度の風量で使っています。

 

この音に最初はビックリしましたが、レーザーカッターは一回の動作が数分で終わることもあり、使っているうちに徐々に気にならなくなりつつあります。

加工エリア

本体サイズが小さいので、そのぶん加工エリアも狭くて30x21cmです。それに合わせて、あらかじめカット済みの素材を買う必要があります。個人的には、ちょっとした加工(試作など)をするには必要十分なサイズという印象です。反面、大量に加工するのには向いてないですね。

 

あと注意が必要なのは、付属のハニカムのサイズが加工エリアよりも狭いという点です。

 

f:id:kawauso3110:20200913202738j:plain

赤線で示してあるのが、実際の加工エリア(実験して調べました)。どうにかならなかったのか、という感じですが、深く考えない方がいいかも……。

位置合わせ

加工の位置合わせは、本体に付いているカメラを使って行います。

 

f:id:kawauso3110:20200913202743j:plain

専用のPCソフトを使うと、こんな風に加工エリアを撮影した画像が表示されるので、それを見ながら位置を合わせます。

 

ただ、見てのとおり、カメラの精度が悪くて画像がガタガタです。私のマシンの場合、左右に7mm程度の大きなずれがありました。

 

そのためミリ単位の位置合わせするのは不可能。おおよその位置合わせができる、という程度に思っておいた方がいいです。これもファームアップで改善されるのに期待です。

 

PCソフト自体はかなり分かりやすく、使い方に迷うことはないと思います。

実際に加工してみた

最後に、beamoで加工したあれこれを紹介します。

 

f:id:kawauso3110:20200913202748j:plain

加工自体は非常にスムーズです。

 

f:id:kawauso3110:20200913202752j:plain

最初に作ったのは、イタチグマのレリーフ。すげー! このレベルの加工が家でできるのか! って感動しました。

 

f:id:kawauso3110:20200913202757j:plain

このグルグルうずまきは……

 

f:id:kawauso3110:20200913202804j:plain

木製の蚊取り線香! 3つのパーツを組み合わせて作ってます。

 

f:id:kawauso3110:20200913202808j:plain

台座の「金鳥」も再現。

 

f:id:kawauso3110:20200913202813j:plain

続いては透明アクリル加工に挑戦です。

 

f:id:kawauso3110:20200913202818j:plain

パンの袋をとめるアレ、バッグクロージャー! やけにかわいい感じになりました。

 

こんなちょっとしたものを瞬時に作れるのは、家にレーザーカッターがある利点です。わざわざ工房に行ってまで作るほどでは……というジャストアイデアが、どんどん形にできるという喜びがあります。

 

f:id:kawauso3110:20200913202824j:plain

フロッピーだって、ほらこの通り。

 

f:id:kawauso3110:20200913202829j:plain

彫刻面の仕上がりは、ヘアライン加工したみたいなムラができました。この辺はさすがに業務用機には勝てないところです。

 

f:id:kawauso3110:20200913202835j:plain

同じデータを使って、MDFで小さいフロッピーを。かわいい!

 

f:id:kawauso3110:20200913202841j:plain

最後に、MDFとアクリルを組み合わせて「ガス名標識」を作ってみました。工場などの入口に掲示されてるやつです。題材がことごとくニッチですみません……。

まとめ

加工精度にも現状不満はなく、こんなマシンが家に置けてしまっていいのか!? と思う毎日です。環境整備もうまくいき、煙や臭いに悩まされることもありません。

 

f:id:kawauso3110:20200913205747j:plain

 

一方でメンテナンスが難しかったり、上述したような気になる点もあります……が、家で手軽にレーザー加工できる便利さの方が勝る感じです。工作の幅が広がったことで、これまで作れなかったものが作れるようになるんじゃないか、という期待感があります。

 

よし、これからどんどん作っていくぞ!

 

〈投稿者: 斎藤公輔(NEKOPLA)@kawausokawauso

組込みエンジニア。エアコンの配管や室外機を愛でながら、ときにはデジタルガジェットを制作したり、ライターとしてデイリーポータルZなどに寄稿したりする生活を送る。 

twitter.com